【弥生賞2017】出走馬考察〈グローブシアター〉

今日はカデナにするかグローブシアターにするか迷ったのですが、後者の方がおそらく人気しないのでグローブシアターについて書きます。

グローブシアター

キンカメとシーザリオの仔。兄エピファネイア、全兄リオンディーズという良血馬です。

まず間違いないのは勝負度は高いということ。

これだけの良血馬ですから最低限クラシック戦線には乗せないとまずいですよね。

正直、今年の弥生賞に関してはそれだけで大きな買い材料のような気がします。

血統は素晴らしいけど肝心の能力はどうなのか。

レイデオロを除くと小粒感が否めないホープフルSで3着。

これがどれくらい評価に値するのか。

個人的には2着のマイネルスフェーンとは完全に内外の差だったと思います。

上位勢の中で最も仕掛けが早く、且つ外を回るロスが大きかったこの馬が一番キツイ競馬をしていました。

それでいてレイデオロの3着なら及第点じゃないでしょうか。

最後まで長く脚を使えていましたし、しっかり仕上げて全力で皐月賞の権利を取りに来るなら好走の可能性は高いと思います。

血統人気するのが嫌ですが、4人気くらいなら積極的に狙っても良いかもしれません。

…と、個人的には重めの印を考えている1頭です。

今年の弥生賞は実は上位の6〜7頭くらいがそんなに差がないような気もしていて、そうなるとその中で最もオッズに妙味がある馬から決め打ちで狙うのもアリかなと思っています。

枠順とオッズ次第で印が上下しそうなので当日まで悩みます。

さて、ブログで全く触れていませんが土曜にはチューリップ賞とオーシャンSも開催されます。

チューリップ賞はソウルスターリングとリスグラシューの一騎打ちムードですが、この馬にも注目です。

チューリップ賞の注目馬⇒人気ブログランキングへ

レース見てこの馬走りそうだなと思いました。

尚、今週は弥生賞の最終予想を日曜のブログ記事に掲載します。

他の2重賞の買い目は重賞予想メルマガにて配信予定です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*