騎手の技術が光った中山記念と弥生賞2017の注目馬

日曜の阪急杯と中山記念は残念ながら不的中に終わってしまいました。

まず阪急杯ですが…荒れましたね。

うーん、これは100回予想しても獲れない。

お手上げです。

ラップが5ハロン連続で減速するというダート的な時計の刻み方になり、1400という距離の特異性がより強調されたレースでした。

にしてもここまで荒れるとは…ですね。

12頭立てで三連単240万。

まあ「獲れるか!」とある意味あきらめのつくレースでした。

で、もう一つの中山記念が相当悔しかった。

◎アンビシャス(1人気4着)

◯ネオリアリズム(3人気1着)

昨日の記事に書きましたが、印はこの2頭のみで勝負しました。

実は自信があったので個人的な馬券も結構勝負したんですよね。

最悪でもワイドは引っかかると思ったのですが、アンビシャスは差し届かず4着。

このレースはG1に向けての始動戦という位置づけの馬が多く、ヌルいペースは想定できました。

で、そうなるとラチ沿いを走った馬は恵まれやすいんですよね。

となればネオリアリズムは絶対に買いだと。

そして最終的な着順は騎手の腕が影響しそうと、昨日の記事で書きました。

これも読み通りで、上位3頭は騎手が内を上手く走らせてましたね。

正に立ち回り勝負でした。

上位3頭の騎手はデムーロ、横山、田辺といかにも中山1800が上手そうな(実際に上手いです)騎手の揃い踏みで、終わってみればそこそこ荒れたけどあり得る結果だよなぁ…という感じ。

3人共上手い騎乗でした。特に横典さんはこのメンバーでサクラアンプルールを2着に持ってくるのはさすがですね。

結果的に「展開向かずともアンビシャスは3着は外さない」と早々に◎を打つことを決めてしまったのが敗因。

そしてもう一つ、ネオリアリズムの単勝を抑えていないのも反省材料ですね。

まあ、切り替えて来週当てましょう!

最後に、弥生賞の◎候補を紹介。

弥生賞の◎候補

⇒人気ブログランキングへ

※新ブログでランキングに参入したてなのでまだ順位が反映されていないかもしれません。なので最初はクリックしても見れないかも、スミマセン…。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*